たったひとつの冴えない惑星

懐かしのSF小説をネタにしたブログ

カート・ヴォネガット・ジュニア

カート・ヴォネガット 時空をさまよう魂の遍歴 タイタン~ドレスデン

かつて筒井康隆はSFへの偏見を自嘲気味に、士農工商犬SFと表現しました。 SF専門の小説家でノーベル文学賞を受賞した人は居ないのです。 20世紀のSF界で最もノーベル文学賞に近かった作家は、カート・ヴォネガットだと思います。 彼のシニカルな小説はどれも…